ハワイと言えば「リゾート」に泊まるのもイイですが、子連れの場合はキッチンがあると便利。ということで、「コンドミニアム」に泊まってみました。

泊まったのは、ワイキキビーチから2ブロック、お店やレストランも近所にあって絶好のロケーションにあるホテル「アクア・パシフィック・モナーク」。昔は、「アストン」とか「リゾートクエスト」とか…名前がコロコロ変わっていますが、今は「アクア」と付いてます。

ワイキキビーチやホノルル動物園、ロイヤル・ハワイアン・センターなんかも歩いて行けるので、歩くのが好きな人には便利なホテルです。しかも、Food Pantry も近いので買い出しもラクです

子供連れなら「クイーンベッド」かな

ベッドが「シングル」か「クイーン」かどちからになるのですが、子供連れには「クイーン」の部屋がオススメな気がします

Pacific Monarch

最初はシングルベッド2つの部屋を用意してもらったのですが、間に置いてあるチェストを動かせばくっつけることは出来ました。ただ、子供が溝にハマってしまうのはイヤなので「クイーン」の部屋に変更できないか確認することにしました。

フロントで「クイーン」の部屋があるか確認してもらったところ、フローリングの部屋しかないとのこと。できれば、全面絨毯の部屋の方が安全でイイんですけどね。子供はよく転ぶし。

Pacific Monarch
Pacific Monarch

迷っていたところ、内見しても良いと言われ部屋の中を見せてもらうことができました。実際にフローリングの部屋を見てみたら、キッチンの周りがフローリングなだけで、他はラグなども置いてあるので大丈夫でした。ベッドルームは、絨毯でしたし。

キッチンがあると、やっぱり便利

まだ子供が「離乳食」であるということもあり、大人よりちょっと手間がかかるんですよね。基本的にアメリカのホテルにはレンジなどもないので、どうしても冷たいものばかりになってしまいます。

でも、キッチンがあれば何でも作れるので、暖かいご飯を食べさせてあげることができました。

Pacific Monarch

日本からはレンチンできるご飯なども持って行きましたが、なかには「お米」をドンキホーテで買ってご飯を作る人もいるみたいですね

我が家の場合は、「アクア・パシフィック・モナーク」から少し歩いたところにいつもお世話になっている「Food Pantry」があるので、果物や野菜、お肉などを買い込んで料理しました

ステーキ肉などもレストランで食べるより断然易いので、これからハワイへ行く時は「コンドミニアム」かなという気がしました。そう思ったのは、安さだけじゃなく、自分で焼いたりしてもとても美味しかったからです。

Pacific Monarch

ホテルのキッチンには調理器具がそろっているので、調理という面では全く問題ないです。ただ、洗剤がないので用意する必要があります

シャワーの勢いは強くてイイ

個人的にはシャワーの出が強いということが重要だったりするのですが、このホテルは十分過ぎるほどシャワーの勢いが強いです。備え付けのドライヤーも、同じく強いです。

ノブを回すと温度を調節することができるのですが、水の出を調節するにはノブを引っこ抜くように引きます。これが分からなかったようで、ウチの家族やお隣の旅行者もお湯が出ないと騒いでいました。

このタイプのシャワーはアメリカに良くあるのですが、確かに日本ではあまり見かけないかもしれないです。

ランドリーの場所に少しクセが

「コンドミニアム」に泊まるとなると、割と長期滞在という人が多いと思います。そのため、旅行中でも洗濯できるようにランドリーが設けられていることがあります。

「アクア・パシフィック・モナーク」には3階にランドリーはあるのですが、駐車場の中にあるので最初は戸惑います。場所としては、エレベーターを降りて左の扉を出てから右側に行くと、洗濯機と乾燥機が並んでいます。

Pacific Monarch

洗剤も一応は売ってはいますが、値段が高いので日本から小分けの洗剤を持っていくと便利です。

Pacific Monarch

洗濯機と乾燥機は、それぞれ3ドル。一台だけ大きな洗濯機があって、それだけは5ドルでした。現金の場合は25セントしか使えないのですが、カードも使えるのでクレカ払いの方が簡単です。ここではJCBは使えないので、気をつけてください

使い方は簡単で、洗剤と洗濯物を入れてフタをします。それから、クレカの場合はカードリーダーにスライドさせると、OKの場合はランプが点滅します。そうしたら、洗濯の種類を選んで「Start」を押すだけです。

Pacific Monarch
Pacific Monarch
Pacific Monarch

基本的にお昼頃と夜が混むので、ランドリーを使いたい時はこま目にチェックした方が良いです。

さいごに

ちょっと肉とか焼き過ぎて床が油でベトベトになったので、「清掃のおじちゃん・おばちゃん、ごめん!」という感じでした。

因に、フロントには1人だけ日本の方がいたので、その方のお休みの日ではなければ日本語対応できます

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事