北九州の小倉に来たら、帰りの新幹線で食べたい「お弁当」がある。それは、「折尾名物のかしわめし」。ご飯の上に「鶏肉」「錦糸卵」「海苔」が乗っているだけですが、小倉近辺に来ると食べたくなります。

kashiwameshi

kashiwameshi

「折尾名物のかしわめし」は東筑軒という会社が出している「お弁当」なんですが、そもそも「うどん屋」もやっています。昔は折尾駅のホームに立ち食いとして店を構えていたのですが、駅の改装に伴ってなくなってしまいました。

でも、駅を出てすぐ本社の横に「うどん屋」がオープンしています。小さい頃にホームで食べた東筑軒のうどんが食べたかったので、寄ってみました。

九州の「うどん」は、「讃岐うどん」とはある意味真逆。コシがあまりなく、フワフワとした食感の「うどん」。でも、とにかく「ダシ」が上手い。いつも、スープを飲み干してしまいます。

udon

今となっては「福岡=博多らーめん」みたいになっていますが、個人的には「うどん」がオススメ。もちろん、「博多一幸舎」のらーめんも大好物ですけどね。

そして、東筑軒でうどんを食べた後は、「折尾名物のかしわめし」を買って新幹線に乗りました。折尾駅に限らず、隣りの黒崎駅や小倉駅などでも購入できます。

小倉や門司港など観光に寄った場合は、ぜひ「折尾名物のかしわめし」&「うどん」をお試しあれ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事