今回は1才になる子供を連れて初めてハワイへ行くことになったのですが、何度も行って慣れている私たち夫婦でも戸惑うことが度々ありました。

とにかく「赤ちゃん連れ」ということで、持って行く物が多い。まだ「離乳食中」なので、食べられる物も限られているし、水もいっぱい用意して行かなければならないんです。

更に、重くはないけどかさ張る「おむつ」。汚れたりするので、服やよだれかけなんかも大量に。

これまで夫婦2人でハワイへ行く時はスーツケース1個で十分だったのですが、今回はスーツケース2個にバックパック2つパンパンに詰めて行くことになりました

最初からバシネットをリクエストしないという選択

なるべく混まない時期を考えGWの次の週にハワイへ行くことにしたのですが、ネットの影響からか逆に赤ちゃん連れが多かったように思います。

今回は「ハワイアン航空」を利用したのですが、ANAやJALなどと比べてもともと「バシネット」が少ないので、リクエストしたものの案の定利用できませんでした

hawaii

そのため、「ハワイアン航空」でハワイへ行く場合には、最初から「バシネット」を利用しないで快適に過ごせるような席を取っておくのも1つの手だと思います

例えば、搭乗する便が満席でない場合は、一番後ろの席をお願いして子供を寝かせられるような配置にしてもらう。それか、お金を払ってアップグレードして、前に誰もいない席にしてもらうという方法です。

とにかく子供たちは同じ体勢でいるのが窮屈なので、少しでも立たせたり歩かせたりできるほうがグズりませんからね。

事前にネットで席の予約が出来ない場合は、少し早めにチェックインカウンターへ行って手続きしてもらうと良いと思います。私たちの時は、受付時間20分前から並び始めていました。

離乳食や水は多い方が安心

気にしない人は全く気にしないと思いますが、私たちは子供に食べさせる離乳食や飲み物は全て用意して持って行きました。もちろん、水もです

でも、予想していないことが起きる、それが旅行なのでやっぱり離乳食が足りなくなってしまいました。そのため、ハワイのスーパーへ行って離乳食を少し購入することになったんですけどね。

持って行った食べ物は、パウチに入った「おかゆ」や「野菜」、そしてフリーズドライになっている離乳食用の「野菜」や「おさかな」。それから、無添加のシーチキン缶詰なども持って行きました。

水は、500mlペットボトルを10本。そして、125mlの紙パック麦茶を15本持って行きました。この水分たちが、一番重かった。

ホテルの場合は冷蔵庫だけだったりするので、使いかけの離乳食をどうするかがポイントになります。そのため、タッパーやラップを持って行くと重宝します。

また、ハワイアン航空は機内で離乳食用のお湯や離乳食を貰えないので、それも考えて手荷物にも持って入りました。熱湯などは、水筒に入れて持ち運ぶことができました

日本へ帰る時に紙パックの麦茶を手荷物で持っていたら、持っていた紙パックを全て開けて検査した上で持ち込むことができました。なので、移し替えるための水筒などがあると便利だと思います。

離乳食や水が足りなくなったら?

離乳食が足りなくなったら、「Whole Foods」「Food Pantry」「Foodland Farms」のベビーフードの棚を探せばたくさん置いてあります

hawaii

カイルアにある「Whole Foods」は一番種類が豊富なような気がしますが、インターナショナル・マーケットプレイスのクヒオ通り側にある「Food Pantry」は品数が少ないものの値段的には安いです。

水に関しては、なぜか「ABC Store」が安い傾向にあります。他のスーパーでも安いことはありますが、水に困ったら「ABC Store」に寄ってみてください。

ホテルチェックイン時にリクエストはしてみる

ハワイのホテルに限らず、ホテルのベッドは少し高めなので子供が落ちたりすることを心配してしまいます。その場合は、「ベビーベッド」をリクエストしておくと良いと思います。

ただ、ホテルによって有料の場合もあるので「ベビーベッド」をリクエストする前に確認をしておくと良いでしょう。でも、我が子の場合は「ベビーベッド」が合わなくて、結局使うことはありませんでしたが…

あとは、部屋に入ってみたら「シングルベッド」だった場合は、「クイーンサイズ」のベッドがある部屋に変更できないかを尋ねるのも1つの方法だと思います。

hawaii

また、普段子供をどのようにして風呂に入れているかも確認が必要になります。意外とハンドシャワーがないホテルもあるので、折りたたみ式のボウルなどを持って行くと安心です。

旅行中に洗濯をすると、少しは身軽に

リゾートホテルなどはなかったりしますが、調べてみると洗濯機(ランドリー)があるホテルは多いです。そのため、子連れの場合はただでさえ荷物が多くなるので、途中で洗濯をすることを考えて服を持って行くと少しは身軽にできます。

hawaii

洗濯をすることを考えている場合は、「ビニールひも」や「洗濯バサミ」も持って行くと便利です。「ビニールひも」を持って行く場合は、小さくてもいいので「ハサミ」を忘れずに。意外と、「ビニールひも」は切れないので。

「洗剤」は洗濯機置き場に売っていることもありますが、やっぱり少し割高だったりします。旅行用の小袋に分かれた洗剤が売っているので、それらを持って行くと便利です。

洗濯機にもよりますが、基本的には25セント(クォーター)を何枚か入れるタイプがほとんどですが、中にはクレジットカードで支払いができるタイプもあります。

夜の時間帯は混む傾向があるので、昼に部屋でのんびりしている時などに洗濯できると良いかもしれません。

「おむつ替え」をする場所は?

hawaii

ワイキキビーチに近い場所ならば、DFS(免税店)やラウンジ、ロイヤル・ハワイアン・センターの中におむつ替え台(ファミリートイレ)があります。

カイルア地区なら「Target」だったり、アラモアナ・ショッピングセンターなら端に位置する高級デパートの中にある「おむつ替え台」がオススメです

基本的には、上で紹介した以外のトイレでも「おむつ替え台」がトイレにあったりしますが、あまり使いたい環境ではないという感じではあります。

でも急を要する場合は、少し大きなスーパーやショッピングモールへ行けば、だいたいファミリートイレがあります。

さいごに

赤ちゃん連れでハワイへ行く場合には、どれだけ荷物を少なくするかがポイントになると思います。

また、小さい子供がいることで知っておいた方が良い情報はまだたくさんあると思います。しっかりと調べてから行くと、スムーズに快適なハワイを楽しめると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事