これまでハワイへ行ったときには「レンタカー」を毎回利用していたのですが、今回は子供も小さいということで近場で過ごすために車は1日だけしか借りませんでした。

その代わり、アラモアナセンターなどには「バス」「トロリー」を利用したのですが、色々と気になることがあったので紹介したいと思います。

PINK LINE のことは JCB ラウンジで聞くと○

JCB カードを持っていると、無料で「ワイキキ・トロリー(ピンクライン)」に乗ることができます。これは、免税店(DFS)から動物園の方を回り、そしてアラモアナセンターなどに行きます。

もし、免税店(DFS)から「ワイキキ・トロリー(ピンクライン)」に乗ってアラモアナセンターへ行こうと思うと、動物園を経由していくのでかなり遠回りになってしまいます。

別のラウンジで聞いた時は免税店(DFS)から乗るようにと言われましたが、JCB ラウンジの方だけは別の乗り場を案内してくれました。それは、ちょうど免税店(DFS)の裏側にあるバス停。赤丸した辺りになります。

dfsmap

ここからなら、10分〜15分短縮してアラモアナセンターへ行くことができます。

やはり JCB が提携しているサービスでもあるので、JCB で聞いた方が良いってことですね

運転手さんの話を誰も聞いてくれていない

8ラインと充実したハワイ旅行で利用する人が多い「レアレアトロリー」というトロリーバスですが、HIS 旅行者だったりチケットを購入すると利用することができます。

lealea

チケットは1週間の乗り放題として販売されているのですが、そんなに乗るか分からないという場合には、「Lealeaマガジン」についている1日乗車引換券を利用すれば安く済む場合もあります

因に、ハワイ内にも「Lealeaマガジン」は無料で置いてありますが、もちろん1日乗車引換券は付いていないのであしからず。

この「レアレアトロリー」は基本的に利用者は日本人なのですが、運転手は現地の人。でも、なんとなく日本語でアナウンスをしてくれています。

ここで、気になったことがありました。

「レアレアトロリー」は横面がバーが数本しかない状態なので、開放的で乗っていて気持ちが良いです。しかし、子供などは落ちてしまう危険性があります

lealea

そのため、トロリーバスの中程だけはバーではなく板張りにし、「小さい子供優先席」として書かれています。そして、小さい子供連れの家族が乗ってくると、運転手の方が日本語で「真ん中の席は子供優先席だから、移動してください!」とアナウンスします。

しかし、これが毎回誰も移動してくれないんです。悲しいことに。

ちょっと残念だなと思いました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事