旅行TIPS

ESTA(エスタ)の申請を自分でやってみた!申請方法と記入例付きで解説

ここ数年はヨーロッパ圏やアジア圏の旅行が多かったのですが、このたび「ハワイ」へ行くことになりました。そうなると、渡航前に申請しなければならなくなるのが「電子渡航認証」、通称「ESTA(エスタ)」。

以前取得した時は「ESTA(エスタ)」が義務化されたばかりだったからか、そんなに入力項目もなく簡単に申請できた記憶があります。

しかし、今回久しぶりに申請の手続きを進めていると、入力項目が多いことにビックリ。家族分の手続きを終えたら、1時間ほど経っていました。

個人的な備忘録でもあり、これから自分で「ESTA(エスタ)」を申請してみようと思っている人にも参考となるよう、申請手続きを順に紹介していきたいと思います。

そもそも「ESTA(エスタ)」とは?

esta

「そもそも、ESTA(エスタ)って何?」という人もいると思うので簡単に説明すると、アメリカ領土へ90日以内の旅行をする人、または乗り継ぎする人が渡航前に必要となる手続きのこと。

「ビザ」との違いについて気になる人も多いと思いますが、「ESTA(エスタ)」はその「ビザ」を免除するというプログラム。

つまり、「ビザなしだけど、行っても良い?」と「ESTA(エスタ)」に確認してみて、「OK!」と言われればアメリカ領土へ渡航できるという仕組み。

そのため、「ESTA(エスタ)」から承認されなかった場合は、わざわざアメリカ領事館などへ行って「非移民ビザ」を取得しなければ、アメリカ領土へ旅行に行けないということになります。

なので、うっかり入力をミスしてしまって承認されなかったなんてことがないよう、慎重に「ESTA(エスタ)」の手続きを行う必要があります。

「ESTA(エスタ)」申請前に知っておきたいこと

初めて「ESTA(エスタ)」の申請をしてみようと思った時、まず「料金」や「期限」などが気になりますよね?

注意点なども含め、申請前に知っておきたいことをまとめてみました。

料金はいくら?

「ESTA(エスタ)」の申請には、システム利用料4USドル&旅行促進料10USドル、つまり14USドル支払う必要があります。日本円で考えると、「1USドル=110円」だった場合は1540円となります。

決済方法は、クレジットカード決済とPaypalのみ。そのため、基本的にはクレジットカードを所有した人でないと「ESTA(エスタ)」の申請ができないということになります。

ただし、PaypalはVプリカを使った支払いもできるので、一応コンビニ払いも可能ということにもなります。

本人以外でも申請できるの?

「ESTA(エスタ)」の申請は、本人ではなくても申請することができます。PC や英語が苦手という人の場合は、家族や友人に代理で申請手続きを行ってもらうこともできます。

旅行会社でツアーなどを申込んだ際は、有料オプションとして代理申請を依頼できる場合もあります。

赤ちゃんでも申請が必要?

「ESTA(エスタ)」の申請は、アメリア領土へ渡航する全ての人が対象となっているため、赤ちゃんも手続きが必要となります。

もちろん、赤ちゃん本人が申請を行うことはできないので、家族の方が一緒に申請を行ってください。

何時間前までに申請が必要?

「ESTA(エスタ)」の結果が出るまでには、最大で72時間かかるとされています。そのため、渡航する72時間前までに申請を済ませておく必要があるとされています。

といっても、私の場合は30分もかからないうちに承認されていたので、72時間もかかる人は稀なのかもしれませんね。

「ESTA(エスタ)」の有効期限は?

「ESTA(エスタ)」には、承認されてから2年間という有効期限があります。そのため、2年以上前に取得している場合は、再度手続きが必要になります。

また、パスポートを更新したり名前を変更したりすると、「ESTA(エスタ)」の認証後2年以内だとしても失効してしまいます。パスポートが新しくなっている場合も、再度手続きが必要となってきます。

有効期間内にまた渡米する時は?

「ESTA(エスタ)」の有効期限内にアメリカ領土へ再び旅行する際は、パスポートの更新や名前の変更などを行っていないのであれば、申請をする必要はありません。

とはいっても有効期限内なのか、今一度ログインして確認しておくと安心だと思います。

もし承認されなかった場合は?

もし「ESTA(エスタ)」で拒否となってしまった場合は、アメリカ大使館、あるいはアメリカ領事館で別途手続きが必要となります。

「非移民ビザ」の申請には面接などがあり時間がかかるようなので、72時間前と言わず早めに手続きを済ませておくと良いかもしれません。

「ESTA(エスタ)」の申請手順

「ESTA(エスタ)」の申請には入力項目が多く時間はかかりますが、難しいというわけではありません。何度も同じ様なことを入力するだけなので、落ち着いて間違えずに手続きを進めていきましょう。

申請にはパスポート情報を入力するので、まず「パスポート」用意してから手続きを進めましょう。

「ESTA(エスタ)」の公式サイトへアクセス

「ESTA(エスタ)」の申請は、下記のアドレスへアクセスしてください。

ESTA(エスタ)公式サイト ⇒ https://esta.cbp.dhs.gov/esta/

esta

トップ画面の右上には「言語表記」を選択する箇所があるので、日本語になっていない場合は変更してください。

新規で申請開始

「ESTA(エスタ)」の申請を開始するには、中央にある「新規の申請」をクリックします。

esta

「既存の申請内容を確認」は、申請が完了して認証結果を確認する時こちらからログインすることになります。

「個人」か「グループ」か

渡航者の情報を入力する前に、まず「個人」申請するか「グループ」で申請するかを選択します。

esta

「グループ」で申請したとしても入力項目が減るわけではありませんが、一括で料金を支払うことができるようになります。そのため、家族や友人の分もまとめて申請する場合には「グループによる申請」をクリックした方が便利です。

今回私は家族分をまとめて申請したので、「グループによる申請」をクリックして手続きを進めていきます。

セキュリティに関する通告

「グループによる申請」をクリックすると、「セキュリティに関する通告」というポップアップが表示されます。

esta

ここはサラッと読んで「確認&続行」をクリックします。

連絡担当者を登録

「グループによる申請」をする場合は、まず連絡担当者を登録する必要があります。ここで登録した情報が結果を確認する際のログイン情報にもなるので、しっかりと入力していきましょう。

まず、このような画面が表示されます。そのまま下へスクロールしていくと、「グループ申請の連絡担当者」の入力項目が現れます。

esta

連絡担当者の登録には、「名前」「生年月日」「メールアドレス」の入力が必要となります。

esta

(1)と(2)には、登録者の名前をアルファベットで入力します。小文字で入力しても、最終的な確認画面では大文字で表示されていました。

記入例:(1)Yamada (2)Taro

(3)には、生年月日を入力します。結果を確認する際のログインではここで入力した内容が必要となるので、間違えないようにしましょう。

(4)に入力したメールアドレスは、ログイン時に必要なID番号などが送られてくるので、確実に確認できるメールアドレスを入力してください。(5)は、メールアドレス確認のために再度入力します。

「組織」と書かれた項目は必須ではないので、空欄のままで大丈夫だと思います。私自身も、空欄で問題ありませんでした。

(1)〜(5)までの必須項目を入力・選択したら、「操作の継続」をクリックします。

新規の申請者を追加

連絡担当者の登録を終えると、下記のような画面が表示されます。それと同時に登録したアドレスにもIDなどが記載されたメールが届くので、大切に保管しておきましょう。

esta

今のところ審査結果を確認することができる人(連絡担当者)を登録しただけなので、ここからがいよいよ「ESTA(エスタ)」の申請本番となります。

まず、「新規の申請者を追加」をクリックします。

免責事項と料金徴収について

「新規の申請者を追加」をクリックすると、まず「免責事項」についての確認文言が表示されます。内容を確認のうえ、「はい」にチェックを入れます。

esta

すると次に、料金徴収についての確認文言が表示されます。内容に問題がなければ、「はい」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

esta

申請者情報/パスポート情報を入力

免責事項と料金徴収についてを合意すると、ここから申請者情報の入力が始まりますので、パスポートをしっかり見ながら入力していってください。

申請者の名前と性別の入力

まず最初に、申請者の名前をパスポートに記載されている通りに入力します。

esta

記入例:(1)Yamada (2)Taro

性別(3)は、パスポートに記載されている通りに選択します。

参考:M = 男性、F = 女性

パスポート番号などを入力

次に、パスポートの番号などを入力します。一部はパスポートに記載されていない項目もあるので、自己申告制となります。

esta

(1)は、基本的には「いいえ」を選択します。別の名前を使っている人に限り「はい」を選択し、名前を入力してください。

(2)は、パスポートに記載されている生年月日を選択します。

参考:Jan=1月、Feb=2月、Mar=3月、Apr=4月、May=5月、Jun=6月、Jul=7月、Aug=8月、Sep=9月、Oct=10月、Nov=11月、Dec=12月

(3)は、出生地を入力する項目なのですが、これはパスポートに記載されていません。そのため、分かる範囲で入力しましょう。

記入例:港区⇒Minato-ku、横浜市⇒Yokohama-shi

(4)も(3)と同様にパスポートに記載されていない項目ですが、必須項目なので出生した国を選択します。日本の場合は、「Japan」を選んでください。

(5)は、パスポートに記載されている「旅券番号」を入力します。

(6)は、パスポートに記載されている「国籍」を選択してください。

(7)と(9)は、パスポートに記載されている「発行日」と「有効期限」を選択。そして、(8)にはパスポートを発行した「国」を選択してください。

その他確認事項を選択・入力

ここからは、一旦パスポートを脇に置いてから選択・入力となります。

まず、これまでに他の国で渡航用パスポートなどを発行したことがあるかの確認があります。おそらく、ほとんどの人が「いいえ」を選択すると思います。

esta

次に、日本以外で市民権などを持っているかの確認があります。特に持っていなければ、「いいえ」を選択します。

esta

次に、「GEメンバーシップ」という聞き慣れない単語が登場します。これは、アメリカ永住権などを持っている人が取得できる、渡航手続きを簡素化できるプログラムです。

今のところ日本国籍の人は取得対象外となっているので、ほとんどの人が(1)は「いいえ」を選択することになります。

そして(2)には、両親の名前をアルファベットで入力します。入力必須項目なので、分からない場合は「UNKNOWN」と記入する必要があります。

ここで、やっと申請の中盤といったところでしょうか。まだまだ入力項目が続くので、頑張っていきましょう。

連絡先情報を入力

「連絡先情報」では、現在住んでいる住所などの情報を入力していきます。日本の住所の書き方とは違うので、細かく説明していきたいと思います。

esta

(1)は、「ホームアドレスライン1」という必須項目。ここには、番地を入力します。

記入例:東京都港区赤坂1-2-3の場合 ⇒ 1-2-3、または1-2-3 Akasaka

(2)は、「ホームアドレスライン2」は必須項目ではないので空欄でも大丈夫です。もし上の記入例のように「1-2-3」のみを「ホームアドレスライン1」に入力した場合は、この項目に「Akasaka」と入力します。

(3)は、アパートやマンションに住んでいる人のみが部屋の番号を入力します。

(4)は、住んでいる市区町村を入力します。

記入例:港区⇒Minato-ku、横浜市⇒Yokohama-shi

(5)は、住んでいる都道府県を入力します。「都」や「県」など、「to」「ken」の記入は必要ありません。

記入例:東京都⇒Tokyo

(6)は、住んでいる国名を選択します。ほとんどの人が、「Japan」を選択すると思います。

(7)は、登録する電話のタイプを選択します。

(8)は、電話番号を入力します。左の枠には国の番号の「81」を入力し、右の枠には最初の0を除いた番号を入力してください。また「-(ハイフン)」の入力も不要です。

記入例:090-1234-5678の場合 ⇒「81」「9012345678」

(9)は、利用しているメールアドレスを入力・確認入力をしてください。

ソーシャルメディアオプション

この項目では、利用しているソーシャルメディア(SNS)を登録することができます。

esta

必須項目ではないので、なにも触らずに下へスクロールしても大丈夫だと思います。

勤務先情報の入力

次に、勤務先の情報を入力してきます。

まず、仕事をしている人は(1)で「はい」を選択します。もし、すでに退職してしまったという方は、以前に勤務していた会社の情報を入力していきます。

esta

「子供」の場合は働いたことがないので、(1)では当然「いいえ」を選択します。専業主婦・主夫も勤務経験が過去になければ、「いいえ」で大丈夫です。

全ての項目を入力したら、「次へ」をクリックします。

滞在場所の情報を入力

次に、滞在するホテルなどの住所などを入力していきます。もし、いくつか別の場所にも滞在する予定だったとしても、一カ所だけで大丈夫です。

米国内の連作先情報を入力

「米国内の連絡先情報」とありますが、滞在するホテルなどの情報を入力すれば大丈夫です。

esta

(1)は、アメリカ領土に滞在する場合は「いいえ」を選択します。もちろん、乗り継ぎだけの場合は「はい」を選択することになります。

もしシェラトン・ワイキキへ滞在することが決まっている場合は、下記のような入力となります。

氏名:Sheraton Waikiki
ホームアドレスライン1:2255 Kalakaua Avenue
市区町村:Honolulu
都道府県:Hawaii
電話番号:18089224422

「都道府県」ではなくて「州」の間違いではないのかとツッコミは入れたくなりますが、上記のような例で入力していけば大丈夫だと思います。

滞在先情報の入力

次に滞在先の住所などを入力する項目がありますが、「米国内の連絡先情報」と同じであれば(1)にチェックを入れて終わりです。

esta

そして、緊急連絡先には家族など誰か1人の情報を入力したら、「次へ」をクリックします。

適格性についての質問に答える

「適格性についての質問」では、これまで病気になったことがあるかなどの問に答える必要があります。ここで選択を間違ってしまうと「非承認」となるので、慎重に進めていきましょう。

esta
esta

9個の質問をサラッと読めば分かりますが、ほとんどの人は全ての質問に対して「いいえ」を選択することになると思います。

たまに答え方を間違えて全て「はい」にする人もいるようなので、うっかりミスがないように選択しましょう。間違えると、大変なことになりますからね。

権利の放棄をチェック

9個の質問に答えたら、次に「権利の放棄」という項目になります。ここでは、質問の答えが真実ですよと証明する場所になります。

esta

問題がなければ、(1)だけにチェックを入れて「次へ」をクリックしてください。

(2)は何のチェックかというと、別の人が申請をした場合に入れるチェックとなります。そのため、子供の申請で親が入力した場合も、こちら(2)にチェックを入れてから「次へ」に進みます。

入力した項目を全て確認

最後に、これまで入力してきた申請者情報が表示されるので、項目毎に確認していきます。入力内容に問題がなければ、「確認&続行」をクリックしていきます。

確認項目は、「申請者の情報」「申請者情報」「の旅行情報」の3つ。ここでも文言が変ですが、、、ともあれ、「確認&続行」を3回はクリックすることになります。

esta

すると、最後に「検証」という項目が表示されるので、改めてパスポート情報を入力し「次へ」をクリックします。

これで、1名分の申請情報を入力し終えた状態となります。

申請追加と支払い

申請情報の入力が終ると、「連絡担当者」のトップページが表示されます。ここのページから、申請者の追加や支払いへの手続きを進めることができます。

esta

家族や友人の分の申請を行う場合は、「(1)新規の申請者を追加」をクリックしてまた長い入力の道へ進むことになります。

(2)には、支払いの期限が表示されます。一応1週間ほどの有効期限が設けられていますが、なるべく申請情報を入力した時に支払い手続きも合わせて行うことをオススメします。

(3)で料金の確認して、問題がなければ(4)にチェックを入れて「今すぐ支払う」をクリックしましょう。

支払い手続き

「今すぐ支払う」をクリックすると、「Paypal」「クレジットカード」のどちらで支払うのか選択する画面が表示されます。私は「Paypal」アカウントを持っていますが、今回は「クレジットカード」で手続きを進めていきます。

esta

「クレジットカード」を選択すると、カード情報の入力画面になります。住所などは「ESTA(エスタ)」の申請時と同じように入力すれば大丈夫だと思います。

esta

必須項目を全て入力し終えたら、「続行」をクリックして支払い完了となります。

「ESTA(エスタ)」の承認を確認する

支払いを済ませたら、あとは審査が終るまでしばらく待ちます。最大で72時間となっていますが、早ければ数十分で承認されるので、1時間後とかにログインしてみても良いかもしれません。

確認するには、再度下記の「ESTA(エスタ)」公式サイトにアクセスし、今回は「既存の申請内容を確認」をクリック、またはページ下までスクロールします。

ESTA(エスタ)公式サイト ⇒ https://esta.cbp.dhs.gov/esta/

esta

今回は、グループ申請をしたので「グループ申請の状況確認」をクリックします。そうすると、新規作成の時同様に「セキュリティに関する通告」というポップアップが表示されるので、「確認&続行」をクリックします。

esta

ログイン画面では、「連絡担当者」の情報を入力します。グループIDは、登録時に入力したアドレス宛にメールが届いていると思うので、メールの記載内容を今一度確認してみてください。

esta

ログインが出来たら、申請者の一覧を見て「申請状況」の欄を確認してみてください。「認証が承認されました」となっていたら、「ESTA(エスタ)」の申請はこれで終了となります。

まとめ

「ESTA(エスタ)」の「連絡担当者」「申請者」「確認方法」を一気に紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

入力項目や注意点が非常に多いので、お金に余裕がある方は旅行代理店に依頼するのもアリなんじゃないかとも思います。

これから「ESTA(エスタ)」の申請をしようと思っている方は、頑張ってください!!!

関連記事

  1. 旅行TIPS

    羽田空港国際線・SKY LOUNGE ANNEXを永年無料のゴールドカードで利用できちゃう

    海外便の飛行機に乗る場合、2時間前くらいには空港へ到着しておくとい…

最近の記事

アーカイブ


PAGE TOP